導関数の定義について

導関数の定義をまとめます

導関数とは

ある関数f(x)において、

$f'(x) = \displaystyle \lim_{ h \to 0 } \frac{f(x + h) - f(x)}{h}$

としたものを、f(x)の導関数という。

関数f(x)から導関数f'(x)を求めることを、関数f(x)をxについて微分する。
または、単に微分するという。

初版:2019/8/13

このエントリーをはてなブックマークに追加