整数が各々の倍数であることの証明方法

ある数がなんの倍数であるか問題の証明方法をまとめます。

ある整数が3の倍数である場合の性質

ある整数が3の倍数の時、各位の数の和が3の倍数になります。

3の倍数の証明

ある数Nを4桁の自然数とし、
$N = 1000a + 100b + 10c + d$
(a,b,c,dは0以上9以下の整数でa $\ne$ 0)の場合を考えます。

$N = 3(333)a + 3(33)b + 3c + (a + b + c + d)$

$N = 3(333a + 33b + 3c) + (a + b + c + d)$

3(333a + 33b + 3c)は3の倍数なので、
各位の和であるa + b + c + dが3の倍数であれば、3の倍数になることが証明されます

ある整数が9の倍数である場合の性質

ある整数が9の倍数の時、各位の数の和が9の倍数になります。

9の倍数の証明

3の倍数のケースと同様に、ある数Nを4桁の自然数とし、
$N = 1000a + 100b + 10c + d$
(a,b,c,dは0以上9以下の整数でa $\ne$ 0)の場合を考えます。

$N = (999 + 1)a + (99 + 1)b + (9 + 1)c + d$

$N = 999a + 99b + 9c + a + b + c + d$

$N = 9(111a + 11b + c) + a + b + c + d$

9(111a + 11b + c)は9の倍数なので、
各位の和であるa + b + c + dが9の倍数であれば、9の倍数になることが証明されます

ある整数が4の倍数である場合の性質

ある整数が4の倍数の時、下2桁が4の倍数になります。

4の倍数の証明

3の倍数のケースと同様に、ある数Nを4桁の自然数とし、
$N = 1000a + 100b + 10c + d$
(a,b,c,dは0以上9以下の整数でa $\ne$ 0)の場合を考えます。

$N = 4(250a + 25b) + 10c + d$

と表せるため、10c + dつまり下二桁が4の倍数だと、4の倍数になることがわかります。

5桁の場合は10000が加わりますが、10000 = 4(2500a)と表すことができます。

初版:2020/4/20 最終更新:2020/4/20

このエントリーをはてなブックマークに追加