扇型の面積の求め方とその証明

扇型の面積を求める公式とその公式の証明についてまとめます。

扇型の面積を求める公式

半径r,孤の長さがlの扇形の面積Sを求める公式は

$$S = \dfrac{1}{2}rl$$

扇型の面積を求める公式の証明

半径rの円の面積をSとします。
円の面積は

$S = 2πr^2$

この円からなる扇型の中心角度をxとすると、扇型の面積S'は円の面積の$\dfrac{x}{360}$掛けたものなので、

$S' = πr^2 \times \dfrac{x}{360}$ - ①

円に対する弧の長さの比と円と扇型の中心角の比は一致するので、

$ \displaystyle \dfrac{x}{360} = \dfrac{l}{2πr}$ - ②

①に②を代入して

$ \displaystyle S' = \dfrac{1}{2}lr$

初版:2022/11/22

このエントリーをはてなブックマークに追加