関数と関数の積の微分の公式1とその証明

関数と関数の積の微分の公式は以下のようになります。

関数と関数の積の微分の公式1

\(\{f(x)g(x)\}' = f'(x)g(x) + f(x)g'(x)\)

関数と関数の積の微分の公式の証明

F(x) = f(x)g(x)とおいて、導関数の定義より

$\displaystyle F'(x) = \lim_{h \to 0 }\frac{F(x + h) - F(x)}{h}$

$\displaystyle F'(x) = \lim_{h \to 0 }\frac{f(x + h)g(x + h) - f(x)g(x)}{h}$

$\displaystyle F'(x) = \lim_{h \to 0 }\frac{F(x + h)g(x + h) -f(x)g(x + h) + f(x)g(x + h) - f(x)g(x)}{h}$

$\displaystyle F'(x) = \lim_{h \to 0 } \left(\dfrac{f(x + h) - f(x)}{h} \cdot g(x + h) + f(x) \cdot \dfrac{g(x + h) - g(x)}{h}\right)$

\(\{f(x)g(x)\}' = f'(x)g(x) + f(x)g'(x)\)

初版:2021/7/20

このエントリーをはてなブックマークに追加